漢方薬 第2類医薬品 1500粒 定番から日本未入荷 サーミン八味丸 漢方薬,3311円,paso-sp.net,1500粒,/intoxicating775230.html,【第2類医薬品】サーミン八味丸,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 糖尿病 , 第二類医薬品 漢方薬,3311円,paso-sp.net,1500粒,/intoxicating775230.html,【第2類医薬品】サーミン八味丸,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 糖尿病 , 第二類医薬品 3311円 漢方薬 【第2類医薬品】サーミン八味丸 1500粒 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 糖尿病 第二類医薬品 漢方薬 第2類医薬品 1500粒 定番から日本未入荷 サーミン八味丸 3311円 漢方薬 【第2類医薬品】サーミン八味丸 1500粒 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 糖尿病 第二類医薬品

漢方薬 第2類医薬品 1500粒 定番から日本未入荷 サーミン八味丸 早割クーポン

漢方薬 【第2類医薬品】サーミン八味丸 1500粒

3311円

漢方薬 【第2類医薬品】サーミン八味丸 1500粒



▼糖尿病、精力減退、動脈硬化症に!
「サーミン八味丸 1500粒」は、日本の八味丸(八味地黄丸)の中では、もっとも優れた処方です。
「未病」の段階で踏みとどめ身体の乱れたバランスを整えます。
丸剤は体内でゆっくりと時間をかけて溶けていき、緩和に効き目が現れてくるという自然の徐放性効果をもたらします。また、丸剤は他の剤型に比べれば、どなた様にも飲みやすい剤型です。ほのかな蜂蜜の香りがする服用しやすい丸薬です。
●こんな方におすすめします
  ※尿が力まないと出ない、夜間に何度もトイレに行く方。
  ※いつものどが渇いて水やお茶を多くお飲みになる方。
  ※下半身がだるくどうも力がはいらない、仕事をしていても根気がない、
    ちょっと何かをするとすぐ疲れを感じられる方。
  ※手足の冷え・ほてりがある方。
  ※下肢にむくみがある方。

効果・効能
糖尿病・精力減退・動脈硬化症・神経痛・浮腫・老人性腰痛・更年期障害・腎臓病・疲れやすい人で下腹部が軟弱で腰に冷痛がある人・尿利減少又は頻数の人・全身疲労感、倦怠感が強い人・四肢が冷えやすいが、時には熱感があり、腰痛がある人・喉が渇く人

用法・用量
1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用。
成人(15才以上)・・・1回25粒
15才未満・・・服用しないこと

成分
[成人1日量75粒中]
ジオウ末…2,000mg、ブクリョウ末…800mg、サンヤク末…1,000mg、ケイヒ末…300mg、サンシュユ末…1,000mg、ボタンピ末…800mg、タクシャ末…800mg、ブシ末…200mg

添加物としてハチミツ、寒梅粉、デヒドロ酢酸ナトリウムを含有する。

使用上の注意
■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください
(1)胃腸の弱い人
(2)下痢しやすい人
■相談すること
1.次の人は服用前に 医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)のぼせが強く赤ら顔で体力の充実している人
(4)今までに薬により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って 医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感,下痢,腹痛
その他:のぼせ,動悸
(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強がみられた場合には、服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
  下痢

漢方薬 【第2類医薬品】サーミン八味丸 1500粒

  • ネオジム磁石
    製品情報

    現在、世界で最も強力な磁石です。わずか数cmの大きさで、10kg以上の吸着力!アイデア製品、新製品開発に最適です。

  • サマコバ磁石
    製品情報

    温度特性に優れているため温度安定性が要求される用途に適しています。防錆のための表面処理は不要です。

  • フェライト磁石
    製品情報

    酸化鉄を主原料にしているため、低コストが重視される用途に向いています。錆の心配はありません。

  • 表面磁束密度
    吸着力計算

    ご希望の磁石の表面磁束密度、吸着力、限界使用温度などを計算いたします。径方向着磁にも対応いたしました。

  • 磁石・磁気の
    用語辞典

    磁石・磁気に関する用語解説集。専門書にも負けない豊富な内容で、初心者からプロまで幅広くご利用いただけます。

  • 磁石の歴史

    大昔の磁石、磁気科学の歴史、強力な磁石が出現した背景など多くの図表を使って解説しています。

メールアドレス
リメンバーNeoMag通信 【電池の基礎シリーズ(1)】
2012年10月配信
1.電池の始まり
1660年頃、ドイツの物理学者ゲーリックは、イオウのボールの回転による摩擦で静電気を発生させる“摩擦起電機”を発明しました。その後1700 年代に入り、米国の独立宣言起草者の一人でもあるベンジャミン・フランクリンが電気には“プラスとマイナス”があることを提唱し、1752 年の有名な凧揚げ実験で、電荷がライデン瓶と呼ばれた蓄電器に集められて、雷が摩擦電気の放電現象と同じ現象であることを証明しました。
ゲーリックの摩擦起電機により静電気の研究は進展してゆきましたが、実用化を熱心に考えていたのは当時の医者でした。そんな中で1780年、イタリアの解剖医のガルバーニが、死んだカエルの足が金属のメスに触れるとけいれんを起こしたり、鉄柵に吊るしたカエルの足が雷の発生とともにピクピク動くことを見つけ、1791年その原因は動物電気(ガルバーニ電気)によるものだという論文を発表しました。
磁石関連用語PickUp
ネオマグFacebook